1. Top

配管、空調、電気設備 / CADデータのダウンロード

配管、空調、電気設備 / CADデータのダウンロード
配管アイソメ図、量水器ボックス、水道メーター、ガスメーター、受水槽、給水タンク、貯水槽、ダクト、スパイラルダクト、単線結線図、シーケンス、制御回路版などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





CADデータを使用した、水道・ガスメーターの設置ポイント
<水道メーターの種類と機能>
水道メーターは、最大流量に比例した口径サイズで表し、分類は8種類です。ねじ込み式とフランジ接続式があり、さらに、機械式と電子式に分類されます。水道メーターの多くは機械式です。
<CADデータを使用してできることとは>
水道・ガスメーターの管理には、機種ごとの図面・仕様書が必要なため、CADデータの導入が便利です。メーター取替や給水設備設置後の報告書作成時にも、CADデータが役立ちます。

出典:水道メーターやガスメーターの設置は、CADデータを使って上手な管理を



シーケンス図のCADデータを使った問題の解消法、こまめに維持管理を
<シーケンス図面と現状が異なる理由は何か>
シーケンス図面と現状が異なる原因は、図面管理が不十分だからです。電気設備の改造・更新時に図面変更を忘れたり、シーケンス回路の変更時に該当図面だけを修正してしまうことです。
<シーケンス図の管理を容易にする方法>
シーケンス図をCADで作成すると、効率化が期待できます。変更経歴に沿ったシーケンス図表示が可能です。シーケンス図変更・チェックが短時間できるなど図面管理が容易になります。

出典:シーケンス図・制御回路図面のCADデータを使って、できる維持管理のコツ



CADを使ってアイソメ図の作成をさらに強力に
<アイソメ図を見やすくするポイントは>
配管アイソメ図は、配管図を等角投影法で表し、配管ルートを立体的に把握します。見やすくするポイントは、平行な配管の向きを合わせ、交叉する配管の前後関係を明確にすることです。
<アイソメ図の作成をさらに強力にするには>
アイソメ図の作成は、CADやアイソメ図作成ソフトを用いることで、管理も容易になります。CADやアイソメ図データから、流量計算・見積作成が可能なソフトがあり、業務の効率化が図れます。

出典:CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ



ダクトのCADデータを使った、誤りのないサイズ計算と効率的な維持管理
ダクト・スパイラルダクトのCADデータ、計算ソフトの連動と維持管理の完全ガイド
https://cad-boss.com/duct-cad-901
<豊富にあるダクトの種類>
ダクトの形状は大きく3種類で、サイズやメーカーは多岐に亘ります。ダクトの構成は、たわみ継手、フレキシブルダクト、消音器などです。CADを用いた図面の作成と管理が非常に有効です。
<ダクトサイズ計算ミスの原因と対策を考える>
ダクトサイズ計算ミスの原因に、図面と現状の相異によるサイズの誤りがあります。必ず図面の修正・差替えを行うことです。図面作成と維持管理にCADを使用すれば、図面を最新に保つことが可能です。メンテナンス記録でダクトの状態を明確にできます。






貯水槽のCAD図面を用いた確実な点検
受水槽・給水タンク・貯水槽の汚染防止は、CADデータを使った定期点検に尽きる
https://cad-boss.com/tank-cad-892
<貯水槽の管理ポイントは水の汚染防止です>
多くのビルに導入されている給水装置は、受水槽と高置水槽を設置しています。貯水槽の管理ポイントは、水の汚染防止です。適正な管理をし、健康被害を起こさないことが大切です。
<貯水槽の定期点検周期とその内容>
定期点検が必要な受水槽は、年1回以上のタンク内部清掃が法律で定められています。ひび割れ、漏水、マンホールの施錠状況、浮遊物の有無、水質確認などを行います。CAD図面を用いた確実な点検が定期検査時に役立ちます。





CADを使うメリット、単線結線図と現場の異なりを避けるポイント
単線結線図にシンボル集、電気図記号などのCADデータを使うメリット
https://cad-boss.com/connection-cad-324
<単線結線図が現場と異なってしまう原因とは>
単線結線図が現場と異なってしまう原因は、電気設備の改造・更新工事は頻繁に行われるため、該当図面のみの変更に留まり、全体的に変更を行っていないためです。
<単線結線図をCADで使って管理するメリット>
単線結線図をCADで使って管理すれば、図面の関連が把握でき、履歴での検索が容易になるなどのメリットがあります。MCCBの容量計算や保護協調計算を行い、端子図面作成もできます。




仮設工 / CADデータのまとめ

仮設工 / CADデータのまとめ
ビケ・ビディ・枠組足場、支保工・パイプサポート、仮囲い・万能鋼板、立ち馬・脚立・ローリングタワー、シートパイル・鋼矢板などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





脚立・立ち馬・ローリングタワーの固定対策、CADデータによる安全教育と危険察知
<ロック機材で固定した脚立・立ち馬の安全作業>
不安定となりやすい脚立や、手すりや昇降設備がない立ち馬での安全な作業のためには、オプションであるロック機材で固定することで、より安全な作業が可能になります。
<脚立・立ち馬のロック固定法とCADデータを活用した安全教育>
脚立・立ち馬の事故防止には、手すり、支柱のロック、アウトリガーなどで固定する方法があります。脚立と人物CADデータの組み合わせで、動作可能範囲を的確に表現し、安全対策に役立てましょう。

出典:立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果



ビケ・ビディ・枠組足場のCADデータを用いた安全対策
<災害を起こさないために重要なことは>
災害を起こさないためには、足場の構築手順や足場上での作業要領を全作業員に理解させる、KYKなどで安全意識を常に高める、作業員への落下物に対する安全確保などが重要になります。
<足場の3D表示で危険個所を把握>
3Dデータで図面を描くことで、平面図では気づかない危険個所を把握でき、全作業員で共有できます。足場計画の立案には、足場のCADデータを用いた施工計画書のプレゼンが効果的です。

出典:ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果



支保工のCADデータで、品質・安全課題を解決する
<支保工に関する事故の現状は>
支保工に関する事故やトラブルの多くは、型枠の破損・崩壊に起因する事故で、大きく品質面と安全管理面に要因があることが明らかです。型枠支保工は、労基署から承認を得るため、正確な図面と強度計算が必要になります。
<支保工の役割と、足場の機能も有するTSサポート>
くさび結合方式の代表的なものがTSサポートで、支保工の役割だけでなく、足場の機能も有しているのが特徴です。支保工のCADデータを活用して、品質や安全の課題を解決しましょう。

出典:支保工・TSサポートにcadデータを使用するメリットをまとめてみた



鋼矢板の設置工事にCADデータを使って事故を防止する方法
シートパイル・鋼矢板の設置工事にCADデータを使用して事故を防止する方法
https://cad-boss.com/sheetpile-cad-578
<鋼矢板の破損事故はなぜ起きるのか>
鋼矢板の破損原因は、鋼矢板が土砂の圧力に耐えられないなどの強度計算ミスで起こります。鋼矢板の挿入方式が適切ではなかったなどの、施工方法の検討不足も原因です。CADデータを使った強度計算が必要です。
<鋼矢板設置工事の計画と安全を確保するには>
鋼矢板設置工事には、鋼矢板と土留工のCADを用いた、正確な工事設計と図面作成が必要です。作業要領の徹底理解や危険ポイントの把握、適切な作業員の配置など、現場の安全確保が重要です。






提案力と成績評定アップに有効なCADデータを活用する
仮囲いのCADデータを用いて工事成績評定をアップさせる方法
https://cad-boss.com/steelplate-cad-283
<仮囲い設置にCADデータを活用するメリット>
仮囲い設置にCADデータを活用すると、提案力がアップし評価も上がるでしょう。工事成績評定では、CADや施工管理ソフト、度量管理システムなどの活用度も評価の対象となります。安全面の他、デザインや美観にも気を配った仮囲いの設置計画が必要になります。




安全施設 │ CADデータのダウンロード

安全施設 │ CADデータのダウンロード
A型バリケード、B型バリケード、パネルゲート、シートゲート、キャスターゲート、カラーコーン・バー、螺旋階段などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





カラーコーンのデメリットも理解し、CADデータを安全計画に活かそう
<歩行者用通路での「不安全な状態」を取り除く>
歩行者用通路設置には、通路上に足場などが張り出す場合にカラーコーンを設置し「不安全な状態」を取り除きます。カラーコーンが通行の支障とならないよう設置位置、高さに配慮します。
<軽量小型なカラーコーンのデメリットを解消する>
軽量小型なカラーコーンは、車両が接触しても気づきにくく破損しやすい、間隔を開けるとエリアが不明確、などのデメリットがあります。A型バリケード、単管バリケードなどの代替案も検討しましょう。

出典:カラーコーン・バーのCADデータを利用した、現場の安全と危険が“見える化”づくり



螺旋階段のCADデータを使って設計する際の留意点
<実際の使用方法を想定して設計しよう>
螺旋階段は、どんな空間にも適しているわけではありません。設計する際は、螺旋階段のCADデータを使って、生活動線や空調方式、将来的な使い方にも考慮し、条件に適合しているかを検討しましょう。
<階段のメンテナンス方法にも配慮しよう>
階段のメンテナンス方法にも配慮が必要です。螺旋階段は、2階のホコリがたまりやすいので、食卓近くへの設置は極力避けましょう。踏板が網目になっていると、掃除が大変です。

出典:螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう



工事現場内と現場周辺でバリケードを使用する際の注意点
バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮
https://cad-boss.com/barricade-cad-163
<現場内でバリケードを使用する際の注意点>
現場内でバリケードを使用する際の注意点は、障害物や重機可動域を図面や現地で確認し配置にします。施工の手順や安全管理の資料を作成し、作業員に周知徹底を図り、情報を共有しましょう。
<バリケードを使った安全計画>
工事計画作成時には、多くの関係者にわかりやすく説明しなくてはなりません。バリケードCADデータを使って、視覚に訴える資料を作成することでプレゼンも効率よく進められます。






パネルゲート設置の注意点を守って事故防止
パネルゲートのCADデータを使った、安全で機能的な仮設計画の作成方法
https://cad-boss.com/gate-cad-303
<利用者にわかりやすいゲートの表示>
パネルゲートの運用には、利用者に分かりやすいゲートの表示が大切です。パネルゲートのCADデータで、転倒やはみだしの対策などのルールを作業員に周知しましょう。施錠やゲートの開閉の手間を省く工夫も必要です。
<パネルゲート設置のポイントを守って事故防止>
台風や強風の後などには、パネルゲート・仮囲いの点検が必須です。パネルゲート設置のポイントを守り、事故防止にCADデータを活用して適切な仮設計画を立てましょう。




カテゴリ
設備工事、建築、家具 CAD
ブログ記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



建設機械、建設資材 CAD
車両、人物、樹木、添景 CD
アクセスランキング



QRコード
QR